各種ご相談と回答

Q:○○地域の稼働率と今後の展望について教えてください。

稼働率は弊社独自のシステムで収益シミュレーションを無料にてご提供しておりますので、そちらの収益シミュレーションをご確認ください。


Q:民泊は普通の家で素人がやって簡単にできるものなのでしょうか。

ご自身でも対応することは可能です。ゲスト対応・清掃対応・複数サイトへの掲載などの対応が難しい場合、弊社HOST LINKにご依頼ください。


Q:現状の料金設定が適切かどうか、教えてもらえますか。

住所、間取り、平米数、収容人数、貸出タイプ、現在の運用サイトのURLをお送り頂ければ適切かどうかをアドバイスすることは可能です。


Q:物件の稼働率をあげるために物件のリノベーションを検討しています。どのように物件をリノベーションを行えばよいか、アドバイスをいただけますか。

現在の運用物件は確認しなければ何とも言えない部分がございます。パートナーのデザイナーと共に予算に応じてアドバイスさせていただきます。


Q:古い持家を保有しているのですが、民泊として活用できるでしょうか。

民泊での活用は可能です。


Q:法令への対策はどのように行えばいいのでしょうか。

民泊は、「旅館業取得」、「特区民泊」、「民泊新法」が成立した場合は「民泊新法」という3つの手段のうち、いずれかを用いて運用する必要がございます。具体的な対策につきましては、弊社にお気軽にご相談ください。


Q:民泊物件の広さはどのような物件が理想でしょうか。

ホテルが年々増えておりますので、ホテルがカバー出来ない、4~8名程が宿泊できる広さのお部屋が収益性を確保しやすいため、弊社ではその広さのお部屋を推奨しております。


Q:一般の旅行サイトやホテルサイトでの集客に対応する予定はありますか。

アゴダ(中国)のホテルサイトには、すでに民泊物件を掲載しております。旅館業取得物件は「じゃらん」、「楽天トラベル」等のサイトにも掲載して集客対応しております。


Q:宿泊料金を支払わないゲストがいることはありますか。

事前決済となりますので、未収金のリスクはございません。


Q:年間営業日数が180日間になった場合に、貴社が想定する対策方法は何かありますか。

民泊新法では営業日数が180日となる予定となっておりますので、収益性を担保する場合は「特区民泊」での運用、「旅館業を取得」しての運用を推奨しております。